« 新築祝い | メイン | アイスクリームはヘルシー »

日本信販

日本信販は「ニコス(NICOS)カード」で知られる信販最大手でカード取扱高では業界第三位です。

事業内容は、カード事業(5割)、融資(2割)、個品あっせん(1割)、その他となっていますが、カード業務が全体の5割と高い割合を占めています。

クレジットカード業務では、常にパイオニア的な新型の商品・サービスを送り出しています。とくにノンバンクで初めてVISAのライセンスを取得して銀行系カード勢をあわてさせました。

また、「NICOSーVISAカード」「NICOSーMasterカード」という世界2大メジャーブランドのデュアル発行を国内で初めて実現させました。

さらに、国際化時代に対応する海外旅行傷害保険を自動付帯するなど意欲的な試みも数多いです。

また、ICカードの本格移行期を前に、分割払いなど国内取引に対応したICクレジットの実用化手法の検討を行う「国内クレジットアプリケーション検討協議会」の会長をつとめています。

2005年10月1日に株式会社UFJ銀行(現在の意三菱東京UFJ銀行)の子会社となった。

さらに、株式会社UFJカード、2006年10月1日に協同クレジットサービス株式会社、2007年4月1日に株式会社ディーシーカードをそれぞれ吸収合併し銀行系クレジットカード会社に転換した。

UFJニコス マイベストビズは、同社の一押し商品です。


<FX(外国為替証拠金取引)の特徴>

銀行で取り扱っている外貨預金は、円からドル、またドルから円に戻す場合に為替手数料がかかります。

FXと比べると、銀行の外貨預金はかなり手数料が高くなっていますので、外貨預金より遙かに格安の手数料なので、外貨預金よりも利益を出しやすいといえます。

About

2007年08月07日 14:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「新築祝い」です。

次の投稿は「アイスクリームはヘルシー」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35